癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」を読んだ感想❗

こんにちは~(^^)/

漫画大好き主婦のtossyです?

 

今日は、君 影草さん原作、沖田 ×華さん画のはざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害を読んだ感想を書いてみたいと思います。

 

はざまのコドモは電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

はざまのコドモ無料お試し読みはこちら➡まんが王国

 サイト内ではざまのコドモで検索?

 

皆さんは、知的ボーダーという言葉をご存知ですか?

 

私は恥ずかしながら初めて聞く言葉でした。

 

よく耳にする知能指数を示すIQは、IQ90前後が「正常」、IQ70以下が「発達遅滞」という定義になっているんですが、このどちらにも属さないIQ70~85の「境界知能」と呼ばれているラインを知的ボーダーというそうなんです。

 

そしてこのお話の原作者、 君 影草さんの息子さん、ヨシ君がその知的ボーダーだったんです。

 

この漫画には、実生活の大変さが克明に描かれており、 自分の無知さと世間の理不尽さ、そして無責任さを知ることとなりました。

 

ヨシ君は発達障害をもち、普通学級での学習や日常生活が困難なため特別支援学校への進学を希望しますが、知能テストの結果が規定より高かったため(IQ85)、療育手帳が取得できず様々な困難に直面します。

 

病院や保育園、学校の先生に心ない言葉で傷つけられながらも、「ずっと言われても仕方のない事なんだと思っていた」という君さんの言葉で、今までどれだけの理不尽さを飲み込んでいたのかと読んでいて悲しくなりました。

 

でもその一方で、ヨシ君の事をちゃんとサポートしてくれる先生がいたり、君さんが行き詰まったときに手を差しのべる方がいて良かった、ヨシ君を取り巻くお友達が本当に良い子たちばかりで、お友達大好きなヨシ君になって良かった。。。なんて事を心から思いました。

 

私には、障害児を持つことの大変さを本当に分かることはできません。

 

でもこの漫画を読むことで、今までより多くのことを知ることができたので、読んでみて本当に良かったです

 

よかったら、無料お試し読みをしてみてください。

 

はざまのコドモ無料お試し読みはこちら➡まんが王国

  サイト内ではざまのコドモで検索?