癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

樹なつみ先生の「OZ」のあらすじ&感想❤

こんばんは~(^^)/

漫画大好き主婦のtossyです?

 

今日は、少女漫画でありながらSF要素たっぷり、アクションシーンたっぷり、更に恋愛要素もしっかりと楽しめる、壮大なヒューマンドラマ、樹なつみ先生の「OZ」の簡単なあらすじと感想を書いてみたいと思います(*^^*)❗

 

OZ」は無料お試し読みができます

今なら11/15まで1巻無料

BookLiveというところでできるので、ぜひ読んでみてください?

OZ」無料お試し読みはこちら➡BookLive

 サイト内で「OZ」で検索?

 

この漫画は今から25年前のものですが、今読んでも古さを感じさせません。

 

初めて読んだときの衝撃と感動をもう一度味わいたくて、見つけたときは思わず即購入しちゃいました(^^;

そして やっぱり感動しましたよ~(T-T)

 最高でした

 

OZ」、この名前からも想像できるかも知れませんが、大元にはあの「オズの魔法使い」があるようです。

 

時は西暦2021年。

1990年にたった1発の核弾頭の誤爆から引き起こされた、僅か40分間の第三次大戦から31年後の世界。

 

人口は激減し、各政府が壊滅状態となったことでそれぞれの地域で住民達による立国宣言が相次ぎ、多くの国ができました。

 

その為国境では小競り合いが生じ、地球規模の戦国時代が到来したのです。

 

しかしそんな地球で、飢えも戦いもない、理想の科学都市「OZ」がこの地球のどこかにあるという伝説が囁かれていました。

 

元のアメリカ合衆国にできた国の1つ、サンレイト。

その軍と契約している傭兵の「ムトー  ヨウ」は、天才一家エプスタインの末娘「フィリシア」を警護する仕事を頼まれます。

 

彼女には行方不明の兄「リオン」がいるのですが、実はその兄が「OZ」にいる事が分かります。

そしてムトーはフィリシアに頼まれ、伝説だと思われていた理想郷「OZ」へ向けて「ムトー」、「フィリシア」、そしてリオンがOZで造った最高の人工知能を持つサイバノイドの「1019」の3人で旅に出たのです。

 

サイバノイドの1019は、リオンがOZへの道標としてフィリシアに使わしたものでしたが、兵器となり得るほどの威力を持ち、人を殺める事を全く意にしていませんでした。

なのでフィリシアは、彼に人を殺める事を禁止させました。

 

そんなサイバノイドと共にOZへと向かうのですが、ムトーが軍規を破った為サンレイト軍に追われながらの旅となります。

 

そしてフィリシアを中心にして、虹の都「OZ」をめざし砂漠や無法地帯を渡るうちに、狂気の人工知能を持つブリキの木こり(1019)は「人間」に目覚め始め、戦場に生まれ兵士に育ったライオン(ムトー ヨウ)は、「生命の意味」に気付き始めます。

 

しかしこの旅の途中で、1019は二重にかけられていた表層プログラムがなくなっていき、だんだんと元のプログラムの冷酷な殺人鬼へと変貌していきます。

 

そして更には、理想の科学都市が実は血生臭い恐怖の科学都市であり、リオンもまた、狂気に満ちた恐ろしい科学者へと変貌を遂げていることが分かります。

 

そして地球の未来をも、そのリオンが握っていることも。。。

 

フィリシアとムトーは、リオンの暴走を止めることができるのか?

更には狂ってしまった1019の運命は。。。

地球の未来は。。。

そして。。。「生命」とは?

 

この漫画を読み終えたとき、涙が溢れてきて仕方がありませんでした。

 

ムトーの想い、フィリシアの想い、そして1019の想い。

 

それぞれの想いがどうなっていくのか、最後の最後まで、本当に目が離せない展開が待っています

 

そして号泣してしまうような素晴らしいラストも。。。

 

また、この3人を取り巻く人々もとても魅力的で、そしてかなり重要な役目を担っています。

 

とにかく、こんな文章じゃ伝わらない、素晴らしいヒューマンドラマを本当に読んで欲しい❗❗

 

まずは無料お試し読みをしてみて

今なら11/15まで1巻無料

OZ」無料お試し読みはこちら➡BookLive

 サイト内で「OZ」で検索?

感動したい方はぜひ