癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

ホラー漫画 「赤異本」 あらすじ&感想

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

今日はホラー漫画、原作・外薗昌也先生、作画・高港基資先生の「赤異本」について書いてみようと思います。

 

赤異本」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

赤異本無料お試し読みはこちら➡まんが王国

 サイト内で「赤異本」で検索🎵

 

 

物語は、怪談100物語をベースとして進んでいきます。

参加者が1話ずつ実体験を話していくんですが、1話ずつが程よい短さでその中に、しっかりとした恐怖が入っていました。

 

1人目は、ツーリングに行った先で見つけた廃屋にあった鏡を持ち帰ってしまったこと             からおきた話。

    「木の立ちふさがる家

2人目は、AV監督をしていた人から聞いた話、そしてその監督と再会した時の体験談。

    「AV女優 前篇」「AV女優 後編

3人目は、廃校でキャンプをした時に出会った少女の霊の話。

    「動かぬ少女

4人目は、漫画家が合同サイン会で出会った女性漫画家にまつわる話。

    「死んでいる人間

5人目は、元同級生の女性に呼び出され行った先で目にした、恐怖の真実の話。 

    「座る男

6人目は、ホラー作家が同業者の体験談を聞き、その後に体験した話。

    「めまし

そして100話目が話し終わったときにその場で起こった恐怖とは。。。

 

とにかく恐怖そのものとなる、自分たちとは異となるものの表情が怖い(>_<)

更には霊だけではなく、生きている人間のサイコ的な恐怖も描かれています。

自分にはこんな体験は無縁、なんて思っていても、実は日常ってこんな恐怖と常に隣り合わせているものなんじゃないかとも思いました(>_<)

表紙の絵に誘われて読んでみた漫画でしたが、程よい恐怖を味わえました

そしてこれはおまけですが、実は私的に、あとがきが1番怖かったりしました(^_^;)

 

 

赤異本」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

赤異本無料お試し読みはこちら➡まんが王国

 サイト内で「赤異本」で検索🎵