癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「ナビガトリア」 あらすじ&感想

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

今日は、アサダニッキ先生の「ナビガトリア」について書きたいと思います!

ナビガトリア」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

ナビガトリア無料お試し読みはこちら➡まんが王国

 サイト内で「ナビガトリア」で検索🎵

 

 

東京のOL、こよりは、日々の生活にちょっとだけ疲れを感じ「どこか遠くに旅に出たいなぁ」と、SNSに書き込んだところ、ネットで知り合ったゆるふわOLのユリカに「だったら島根においでよ」と誘われるまま島根に行ってみると、そこにいたのはゆるふわOLではなく、なんと中学生の男の子・実、そして兄の昭と姉の梢。

 

「本当に来るとは思わずに嘘をついていた」と謝られ、せっかくだからと、野々村家に泊まらせてもらうことになります。

 

そしてこの日をきっかけに、こよりと野々村家との心の交流が始まるのです。

 

近所の人たちには、昭の彼女と誤解されるこよりですが、それをさらにプロポーズまで済ませた仲だと話してしまい、終いには自分から昭に「本当にお嫁さんになってあげようか」とまで言ってしまいます。

 

野々村家は、長男の昭、長女の梢、二男の実、そして祖母の4人暮らし。

13年前に両親を事故で亡くしてからは、昭が一家の大黒柱として妹や弟の学費を稼ぐため、祖母のお世話をするために一生懸命頑張ってきたのを家族はもちろんのこと、近所の人たちもよく分かっていたので、昭が幸せになることを本当に喜んでいるのが初めて会ったこよりにも伝わってきたのです。

 

だまされて来てしまった島根ですが、こよりにとっては大切な時間となり、また夏に来ると昭に話し、東京へと帰ります。

 

それから数か月後、こよりは会社をクビになってしまい、実に電話で愚痴っていたところ、遊びにおいでと言ってもらい、また野々村家の皆に会いに行きます。

 

こうして島根でしばらく生活することにしたこよりですが、野々村家の皆がお互いを大切に思うからこそ、いっぱいいっぱいの状態になってしまっていると気づきます。

 

それでも何もできない、役に立たない自分に少し落ち込みながらも一緒にいるうちに、皆がこよりに弱音を言ってくれるようになり、昭が「こよりさんがいてくれて良かった」と言ってくれたのです。

 

野々村家や近所の人と交流をしていくうちに、こよりは島根で暮らすことを決意し、仕事も見つけ、そのまま野々村家に同居させてもらうこととなります。

 

そして少しずつ縮まる昭とこよりの距離。

 

しかし梢と実の進学問題や、昭の元カノの問題や、こよりと母の問題など2人の前に様々な出来事が起こって。。。

 

昭は、こよりはどうなるのでしょうか?

 

 

 

とーっても、心が温かくなるお話でした(*^_^*)

家族の存在や、人との交流が本当に大切なんだと思える話で、人に優しくなれる気がしました。

野々村家の皆が本当に優しく、素敵な家族の姿を見せていただきましたよ(^^♪

癒しが欲しい方には、ぜひ読んでいただきたい作品です

 

 

ナビガトリア」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

ナビガトリア無料お試し読みはこちら➡まんが王国

 サイト内で「ナビガトリア」で検索🎵