読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「I S ~男でも女でもない性~」 ネタバレ&感想

こんばんは~(^^)/

まんが大好きtossyです

 

今日は、六花チヨ先生の「IS~男でも女でもない性~」について書いていこうと思います。

 

IS(アイエス) ~男でも女でもない性~

 

I S ~男でも女でもない性~」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

I S ~男でも女でもない性~無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「I S ~男でも女でもない性~」で検索🎵

 

 

皆さんは、「IS(インターセクシャル)・・半陰陽者」をご存知ですか?

 

それは、2000人に1人生まれると言われる男でも女でもない性を持つ方のことです。

 

私はこの漫画を読んで初めて知ることができましたが、読んでいて何度も涙が溢れそうになりました。

 

心の中にも身体にもどちらの性も持ち合わせている彼らの多くは、世間の偏見の目から自分を守るため本当の自分の姿を隠しているのです。

 

この漫画に出てきた「ヒロミ」も「竜馬」も周りに隠し、自分の気持ちを偽る姿にとても胸が痛みましたが、彼らが偽りのない、本当の自分でいようと決心した時の強さと家族との絆に、とても泣けました。

そして、ISの子供「春」を授かった家族の物語は、子供の成長とともに直面する問題をみんなで乗り越えていく姿にとても感動しました。

「春」はその後、成長期の身体と心のバランス、人間関係や恋愛にたくさん悩む姿が描かれていますが、そこで出会った同じISの子を見て本当の孤独というものを目の当たりにすることとなるのです。

悩み、そして自分と向き合った「春」がとった行動は、周りの人たちにISを理解してもらうということでした。

 

家族に愛され、友達にも理解されてきた春と、家族にISという事実を受け入れてもらえない美和子。

家族にさえ受け入れてもらえない事実、そして自分を認めてもらおうと必死になる美和子がとても悲しく感じました。

春に憧れ、救いを求めてしまうことも当然のことなのでしょうね。。。

 

この漫画を読んで最初に思ったのは、本当に読んで良かった、ということ。

そしてISについて知ることができて本当に良かったということでした。

 

皆さんもこの漫画をぜひ読んでみてください

きっとなにか感じるものがあると思います。

 

IS(アイエス) ~男でも女でもない性~ 

I S ~男でも女でもない性~」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

I S ~男でも女でもない性~無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「I S ~男でも女でもない性~」で検索🎵