読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

里親になる難しさとその覚悟の大切さ 「セカンド・マザー~ひかるの場合~」

あけましておめでとうございます(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

今年もたくさんのまんがと触れ合って癒される毎日を過ごしたいな~なんて思っています(*^_^*)

 

さてさて2017年、最初のまんがは、原作・ 渡辺やよい先生 、まんが・あしだかおる先生の「セカンド・マザー~ひかるの場合~」です。

心が痛むところもありますが、最後は気持ちが温かくなりました。。。

 

 

 セカンド・マザー~ひかるの場合~

セカンド・マザー~ひかるの場合~」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

セカンド・マザー~ひかるの場合~無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「セカンド・マザー~ひかるの場合~」で検索🎵

 

西田圭吾・仁美夫妻は、10年前に当時5歳の一人息子・光太を事故で失い、心に深い深い傷を負ってしまいます。

 

仁美は10年たった今でも、事故現場を通ることができません。

 

そんなある日、仁美は児童養護施設の子供たちと触れ合うボランティア募集を目にし、圭吾に相談して夫婦で参加することにしました。

 

柔らかくて温かい小さい手、笑い声、息づかい、匂い。。。全てが懐かしい感覚です。

 

そんな子供たちと触れ合ううちに、2人はもう一度子育てをしたいと考えるようになり、里親申請をしました。

 

そして里子として候補に挙がったのは、ボランティアで出会った、心を閉ざしたままの光太に似た男の子・ひかるでした。

 

ひかるは虐待を受けて育ったため、色々な問題を抱えていました。

 

そんなひかるを里子として迎え入れる事を決意した2人ですが。。。

 

子供が生まれてから、少しずつ積み上げていく親子関係でさえ色々な問題があるのに、里親として子供を育てていくこと、信頼関係を築いていくことがどれだけ難しいことかと、読んでいて改めて感じました。

 

そして、小さな体にたくさんあるタバコによる火傷の痕や、身体をこわばらせながら眠る姿に、本当に心が傷みました。

 

子供を失うという、想像もつかないほどの苦しみを抱えた2人だからこそ、ゆっくりとひかると向き合い、育てていくことを決心できたのかも知れませんね。

 

一時の愛情ならきっと多くの人が与えられます。

でも、ずっと変わらずその気持ちを持ち続け、愛情を注ぎ続けることは誰にでもできることではないと思います。

 

物語の中にもありましたが、故意に傷つけようとする他人の心ない言葉や態度から子供を守り、向き合っていく強さもなければ、親にはなれないんですよね。

 

一緒に暮らしていくためには、難しい事もたくさんあるのでしょう。

 

でもきっとひかるはこの先、優しい圭吾と仁美の元で笑顔でいっぱいの毎日を過ごしていけるんだろうな、と、最後は気持ちがほっこりと温かくなりました

 

セカンド・マザー~ひかるの場合~

セカンド・マザー~ひかるの場合~」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

セカンド・マザー~ひかるの場合~無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「セカンド・マザー~ひかるの場合~」で検索🎵