癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

これぞ純愛❗「これは恋のはなし」ネタバレ&感想

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです?

 

今回は、ずーっと気になっていたチカ先生の「これは恋のはなし」について書いていこうと思います

 

これは恋のはなし」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

これは恋のはなし無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「これは恋のはなし」で検索?

 

 

「真一さんのことが好きなんだと思います…私」10歳の少女が好きになったのは31歳の小説家・内海真一(うつみ・しんいち)。

 

ある日、真一の家に1匹の猫を連れた10歳の少女・森本遥(もりもと・はるか)がやってきます。

 

遥は家で猫を飼うことができず、空き家だと思っていた真一の家の庭で飼うつもりで入ってきたのです。

 

遥は自分が世話をするからこの庭で猫を飼わせて欲しいとお願いします。

 

本来なら絶対にそんなお願いを聞くことなどしない真一でしたが、何故か、まっすぐな瞳をしたその少女の願いを聞きいれてしまいます。

 

そして、それを知った担当編集者で、友人でもある大垣が、スランプの真一に遥をモデルにした恋愛小説を書くことを提案したのです。

 

それから毎日のように真一の元を訪れるようになった遥は、とても大人びていて、周りへの気遣いや態度など子供らしさがあまりなく、どこか寂しそうな感じのする少女でした。

 

そんな遥は段々と真一に対して恋心を抱くようになり 「そばにいたい」と思いはじめます。

 

そしてそんな遥を見ていた真一も「放っておけない」と感じるのです。

 

 

一歩間違えれば犯罪になってしまうこの年齢差と遥の年齢。

 

当然、周りの目や遥の父親の事など、問題は出てきますが、真一の周りにいる友人たちの支えや助けもあり、色々なことを乗り越えていきます。

 

また、読んでいて遥のまっすぐさがとても切なく胸が苦しくなりました。

 

この遥の一途な想いと、真一が遥のことを大切に想う気持ち、本当に純愛だなぁ。。。と、感じます

 

人を想うことの素晴らしさ、そして友や家族の大切さをも感じさせてくれるとーっても素敵な物語です

 

遥の想い続けた7年間、嬉しさも切なさも苦しさも、ぜひ読んで感じてみてください

 

最終巻の2人がとても素敵だったので、こちらには最終巻の絵をのせておきます

 とっても幸せそうです?

 

これは恋のはなし」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

これは恋のはなし無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「これは恋のはなし」で検索?