癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「ちいさいひと」 ネタバレ&感想

こんにちは~(^^)/

まんが大好きtossyです

 

今回は、漫画・夾竹桃ジン先生、シナリオ・水野光博先生、取材、企画協力・小宮純一さんの「ちいさいひと」について書いていこうと思います。

 

ちいさいひと」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

ちいさいひと無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「ちいさいひと」で検索?

 

青葉児童相談所に配属になった相川健太は、駆け出しの新人福祉士。

 

虐待や育児放棄から子供たちを守るため、仲間たちに支えられながら様々な問題に向き合っていきます。

 

健太は、幼いころ母親から虐待された過去を持ちますが、今の副所長の藤井さんに救ってもらい、里親に大事に育てられました。

 

そして藤井さんのように子供を救いたいと思い児童福祉士への道に進んだのです。

 

幸せな健太ですが、今でも当時のことがフラッシュバックしてしまったり、実母を許せず苦しい思いを抱えていました。

 

しかし児童相談所で色々な親や子供たちと向き合っていくうちに、母と向き合うことを考えを始めるのです。

 

とにかく健太の子供たちへのまっすぐな思いが、読んでいてグッと胸に迫るものがありました。

そしてそんな健太を、時に優しく時に厳しく導いてくれる先輩や仲間との強い繫がり、それぞれの思いも伝わってきました。

 

外からは見えない家族という密室で起こる虐待は周りに気付かれにくく、分かったときには命にかかわるような事態に陥ってしまうことが多々あります。

 

この物語でも、子供たちの命が危険にさらされてしまうことが描かれていますが、決して大げさでもなく、自分たちが気付かないだけで実際にこんなことがどこかで起こっているんだろうと、とても胸が痛くなりました。

 

虐待について描かれている漫画は多数ありますが、児童相談所の職員の立場を描いたものを初めて読み、児童相談所がどんなところなのか、彼らが普段どんな仕事をしているのか、また極限状態の子供たちを緊急時一刻も早く救うために児童相談所がどう動くのか、知ることができたことは本当に良かったです。

 

そして漫画のほか、話しの合間に虐待や児童相談所の事などの説明が書いてあり、それもとても勉強になりました。

 

子供たちの命を救うため、その笑顔を取り戻すため、日々戦う大人たちのことを描いた作品です

 

ぜひ読んでみてください

 

ちいさいひと」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

ちいさいひと無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「ちいさいひと」で検索?