癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

心に響く大切な人の言葉。。。「かくかくしかじか」 ネタバレ&無料試し読み

こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです🎵

 

今回は、東村アキコ先生の「かくかくしかじか」について書いていこうと思います

 

 

かくかくしかじか」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

かくかくしかじか無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「かくかくしかじか」で検索🎵

 

 

このお話は、東村アキコ先生が高校3年生の時に出会った絵の恩師、日高先生との物語です。

 

当時の作者さんは、美大を受験するために日高先生の絵画教室へ通い始めますが、肥大化した自意識を叩きのめされ、まるでスポ根なみのスパルタ式で絵を描くということを教えられていきます。

 

この先生、絵を教えているはずなんですが、手に持っているのは何故か竹刀という絵とはかけ離れたものを持って指導しているんです。

これには私もビックリしました( ; ゜Д゜)

そして竹刀をもって「描け」「描け」「描け」とひたすら描かせます。

 

老若男女、誰に対しても変わらない態度で本当に厳しい先生なんですが、それでも生徒たちに慕われ、教室を卒業してもずっと繋がっているんです。

それはやっぱり、優しく思いやりのある先生だからなんでしょうね。

 

作者さんは先生との日々を正直に、心の弱さや後悔なども含めて描いています。

 

その正直さと潔さに、とても心がひかれました。

 

そして先生との日々を本当に大切に想っている事が伝わってきました。

 

思わず笑ってしまうような場面もありますが、最後、先生の一言が心に響いて涙が溢れてきました。

 

作者さんの想いが伝わってくる、とってもとっても深いお話でした。

 

ぜひこの感動を、読んで感じてください

 

 

かくかくしかじか」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

かくかくしかじか無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「かくかくしかじか」で検索🎵