癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

愛情と憎しみと狂気が交錯する「殺されるなら、いっそ桜の木の下で」 ネタバレ&無料お試し読み

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです🎵

 

今回は、桜田雛先生の「殺されるなら、いっそ桜の木の下で」について書いていこうと思います

殺されるなら、いっそ桜の木の下で」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

殺されるなら、いっそ桜の木の下で無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「殺されるなら、いっそ桜の木の下で」で検索🎵

 

 

 

ある日の夜、雪野の元へ親友の早穂から「逃げて」――と、たった一言のメールが届きます。

 

しかしそれきり連絡がとれなくなってしまい、翌朝学校へ行くと早穂が校舎の屋上から飛び降り自殺してしまった事を知ります。

しかもTwitterに「雪野がにくい」の言葉を残して。。。

 

動揺する雪野は教室には入らずにいるところへ、早穂の彼氏だった帯刀がやって来ます。

 

そして早穂がTwitterに書き込みして自殺してしまったのは、自分が雪野の事が好きだと早穂に話したせいだと言われます。

 

おどろく雪野はそのまま走り去りますが、親友の死、親友の残した言葉、彼からの告白。。。衝撃の事実に打ちのめされます。

 

更には学校へ行くと、同級生に「人殺し」と責められますが、そこへ帯刀が来て、雪野を助けますが。。。

 

 

帯刀は早穂と付き合っていましたが、ずっとずっと好きだったのは雪野。

この気持ちが溢れ限界を迎えたとき、事態は悲劇へと向かってしまいます。

 

自殺してしまった早穂、雪野を責める笹川、孤立する雪野、助ける帯刀。。。

 

深い深い愛情と隣り合わせている深い深い憎しみ、そして狂気。

 

10代特有の純粋さ、そして感情の不安定さが物語全体を覆い、淡々と話が進んでいくような感じがして、それがかえってこの物語の切なさを表しているような気がしました。

 

帯刀が雪野へ、笹川が早穂への想いを募らせていく事となった出来事は、それぞれの心の深いところへ大きな影響を与えたんだと思います。

 

そして物語は驚愕のラストへと向かって進んでいきます。

 

雪野は、帯刀は、そして笹川はどうなるのでしょうか。。。

 

殺されるなら、いっそ桜の木の下で」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで先行配信されているので、ぜひ読んでみてください

殺されるなら、いっそ桜の木の下で無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「殺されるなら、いっそ桜の木の下で」で検索🎵