読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「見習い民生児童委員 熊切まどか」 ネタバレ&無料お試し読み

こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです🎵

 

今回は上野すばる先生の「見習い民生児童委員  熊切まどか」について書いていこうと思います

 

見習い民生児童委員 熊切まどか

見習い民生児童委員  熊切まどか」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

見習い民生児童委員  熊切まどか無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「見習い民生児童委員  熊切まどか」で検索🎵

 

専業主婦のまどかは、民生委員をしている姑の手伝いをすることになり、独り暮らしの老人の家を訪問したり話し相手になったり、外出できない人の代わりに薬を貰いに行ったり、草むしりをしたりと毎日忙しく過ごしていました。

 

そんなある日、2人の子供を抱えた貧困に苦しむ若いシングルマザーと出会い、子供の為にも生活保護を受けられるようアドバイスをしその手伝いをしたのです。

 

しかしその母親は、結局そのお金を使って男と遊び歩くようになり、残された子供がストーブを使ったことで部屋が火事になってしまい、子供たちは養護施設へ、母親は逮捕されてしまいます。

 

親子が一緒に居られるようにと考え生活保護の申請をしたのに、結局親子はバラバラ、児童相談所の方にも様子を見に行かなかったことを責められ、まどかはとても落ち込んでしまい。。。

 

 

 

 

民生委員って、一体何をする人?

 

とっても簡単にいうと、地域の住民と、市役所や社会福祉協議会などをつないでいる縁の下の力持ち的役割を担い、様々な相談に乗り「こんな行政サービスが受けられますよ」と、教えてくれたりします。

 

とはいっても、関わったことがないと良く分かりませんよね。

 

それが今回この漫画を読み、民生委員ってこんなに役割があったのかととても驚きました。

 

まどかは見習いという事でまだまだ足りないこともたくさんあり、初めての児童委員として関わった子供が結局は辛い思いをしてしまい落ち込んでしまいます。

 

しかし、こうして色々な人と関わり感謝をされたり、児童虐待や老人虐待、家庭内DVの現実を目の当たりにしながら、段々と心の強さや責任というものに対しても変化していき、まどか自身が成長していくんです。

 

ただ、何の権限もない民生委員がどこまで踏み込めるのか、とても難しい問題だということも感じました。

 

そんな見習い民生委員のまどかが、地域に暮らす社会的弱者のために奮闘する姿をぜひ見てください

 

見習い民生児童委員 熊切まどか

見習い民生児童委員  熊切まどか」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

見習い民生児童委員  熊切まどか無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「見習い民生児童委員  熊切まどか」で検索🎵