癒しのまんがライフ♡

読んだ漫画のあらすじや感想を書いていこうと思います!

「まんが 名前のない女たち」  企画AV女優ー凌辱と金 ネタバレ&無料お試し読み 彼女たちの辛すぎる過去

こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

家事の合間に大好きな漫画を読んで過ごしています

 

今回は、原作・中村淳彦先生、漫画・水槻れん先生の「まんが名前のない女たち」について書いていこうと思います

 

まんが名前のない女たち」は電子コミックで読むことができます。

tossyはまんが王国というサイトで読みました。

画質がきれいで無料お試し読みもできるので、画質が気になる方にはお勧めです

>>>まんが王国<<<

アクセスしたらサイト内で「まんが名前のない女たち」で検索

 

 

第1話 <結城杏奈編

[あらすじ]

 

AV女優・結城杏奈は、いつも笑顔で一緒に仕事をしているスタッフたちにもとても評判が良く、女性のスタッフにも褒められますが、今まで沢山つらい思いをしてきたから、顔だけでも笑っていればいいことがあるんじゃないかと思い、笑顔でいたら癖になったと話します。

 

杏奈は8人兄弟の母子家庭で育ち、父親は借金を作って蒸発し、体が弱く働けない母と共に教会にお世話になりながら各地を転々とした生活を送っていましたが、ある時から誰にも迷惑をかけないようにと、家族でホームレス生活を送るようになります。

 

しかし周りの支援もあり、何とか自分たちの住める家を借りることができるようになり、杏奈も学校へ行けるようになりましたが、そこではいじめにあってしまいます。

 

杏奈は母親に心配をかけないために嫌なことは一切話さず、とにかく母を助けるために中学を卒業すると病院に勤めながら准看護師の学校へ通ったのです。

 

しかしそんな生活も長くは続きませんでした。

 

ある日杏奈は、病院の院長にレイプされてしまったのです。

 

そしてこんなことは大したことじゃない、と思うために援交を始めてしまうのです。

あれはレイプじゃない、ただの援交で嫌な客に当たっただけ、と思いこむようにしたのです。

 

そんなある日、父の借金から逃げていた母の元に34,000,000円の催告書が届き

かず父親が作った借金を母がそのままにしていたため金額が34,000,000円というとんでもない額になっていたことを知ります。

 

杏奈は母親を助けたい一心で昼は飲食店、夜はキャバクラと休みなく働きますが、全く元金を返すことができず、イメクラで働き始めます。

 

毎日毎日休みなく、口で知らない男性に奉仕をしていくうちに杏奈は精神的に限界に来てしまい、自殺未遂してしまって。。。

 

 

[感想]

 

選択権のない子供にとって、この状況は本当に辛いものだと思いました。

 

杏奈は家族が大好きで、何とか母親を助けたい一心でAVの世界へと踏み込んだわけですが、そこでもまたとても辛い思いをしてしまいます。

 

この方法が正しいとか間違えているとかそんなことは言えないけれど、一人の女性として、杏奈が経験したことは本当に心がえぐられるような思いがしました。

 

そしてこのほかに、7人のAV女優がどうしてこの世界入ったのかという話が描かれています。

 

ここに描かれているAV女優は、皆一様にして幼いころから辛い思いをしてきているという事でした。

 

貧困、虐待、性的虐待、いじめ、DVなど。。。自分の力が及ばないところで、その状況を黙ってのみ込むしかなかった、そんな女性ばかりでした。

 

どの話もノンフィクションということで、正直大人の馬鹿さ加減や無責任さに腹が立ちましたが、どれも考えさせられる深い話になっていると思いました。

 

皆さんも、そんな世界の女性たちのこの物語を読んでみてください。。。

 

まんが名前のない女たち」は電子コミックで読むことができます。

tossyはまんが王国というサイトで読みました。

画質がきれいで無料お試し読みもできるので、画質が気になる方にはお勧めです

>>>まんが王国<<<

アクセスしたらサイト内で「まんが名前のない女たち」で検索